HOME>特集>住宅ローンが払えない・・・そんな時は任意売却で解決!

住宅ローンが払えない・・・そんな時は任意売却で解決!

積み木とカップル

条件次第では高値で売却できる

住宅ローンを完済する事が出来ずに、お手持ちの不動産を任意売却される方が急増しています。不動産を購入する際には、住宅ローンを組んでいる方が殆どです。ところが一度それを組んでしまうと、万が一給与やボーナスがカットされた場合や、失業した場合は苦境に陥ってしまいます。住宅ローンは固定費と呼ばれており、月々の返済金額が変わる事はありません。目減りした収入から住宅ローンを差し引くと、家計が赤字になってしまうのです。赤字が膨らみ続けると、返済どころか借金そのものが膨れ上がってしまいます。最悪の状況に追い込まれる前に、抵当権を設定している債権者の許可を得た上で、任意売却を行った方が良いでしょう。条件次第によっては、高値で売却する事が出来る可能性があります。

住宅

専属の不動産会社に依頼しよう

不動産を購入する場合、圧倒的多数の方が住宅ローンを組んでいます。長期間に渡って債権者(銀行をはじめとした金融機関)に対し、分割して返済していく方法が一般的です。ところが病気や失業等の理由によって、住宅ローンを払えない状況に陥ってしまう方が少なくありません。住宅ローンの残債(残高)を、一括して返済出来ない事から任意売却へ踏み切る方も増えています。任意売却とは残債、及び税金等の一部を支払い、抵当権の抹消や差押えを解除をした上で、不動産を売却するという方法です。任意売却を行う際は、金融機関等の交渉を行わなければなりませんので、専属の不動産会社に依頼した方が良いでしょう。条件如何によっては、高値で売却する事が出来るかもしれません。